「それでもボクはやってない」

みてきました、「それでもボクはやってない」

観た感想。
とにかく重い,そして息苦しいほどのリアリティーに驚きました。
もちろん終始重い内容が続く訳ではなく,たまに’くすっと’笑える場面もあったりするところが,さすが周防監督だな~と思わされました。

周防監督がこの映画を撮ろうと思ったきっかけが東京高裁で逆転無罪判決の出た痴漢事件がだったようです。
取材をする中で,被告人の家族や仲間の支えがあって被告人は過酷な裁判を乗り越えることが出来,逆転無罪判決に結びついたと言う感動秘話を知ったそうなのです。
映画にするなら,その感動秘話にスポットライトを当てることも出来るけれど,監督としては,「そもそもそんな感動秘話を生み出すような事件ではなかったのではないか?」と,日本の刑事裁判に対する疑問をもつようになったようです。
そういった取材の原点があったからこそ,映画のラストシーン(特に,被告人の心の独白)に繋がったのかなと思います。
(これから映画を見る方もいらっしゃるでしょうから,ラストがどんな内容であったかを書くのは,差し控えます・・・。)

映画を観て,本当に緻密に重ねられた取材に基づいて,出来うる限り現実に近づけようと作成されていることに気付きました。
まるで,ドキュメンタリーを見ているかのような,自分が被疑者・被告人になったかのような錯覚を感じることもしばしばでした。

私は,現在実務修習中なのですが,実務を垣間見ていることから,さらに検察官・弁護人・裁判官,それぞれの立場に自分がたったらどうか?と考えさせられました。

映画で特に印象に残ったのは,当該事件の裁判官が被告人に対して,キビイシイと思われる質問をするのですが,それはどうしてか?との疑問に対して,「裁判官はエリートばかり。目の前にいる被告人に騙されるものか!という気持ちを持っているんだよ」という答えがあったのです(誰が答えた言葉かは忘れてしまいました・・・)。
それを聞いて,なるほどな~と妙に納得してしまいました。
裁判官は判決を下した後,控訴されれば上の裁判所がまた審理をします。
無罪判決がひっくり返されることで,「お前は被告人に騙された。出来の悪い裁判官だ。」と,評価されたと感じてしまうのかな~なんて,想像してしまいました。

ただ,ちょっと気になったことが2つ。
法律知識が全くない一般の方があの映画を1回見て,内容を把握できるの?という疑問。
手続き上の説明が必要だな~と思う箇所には,その箇所ごとのストーリーテラーの役割を果たす人がいるのですが(たとえば,留置場では留置場内のベテランさんが当番弁護人の説明を,被告人の友人が保釈要件を・・・),やっぱり難しいのは否めないかと。
私としては,公判内で裁判所の証拠採用決定に対して弁護人が異議を出すのですが,その際に「異議を調書に記載して下さい」なんて発言をするのを見て,おお~勉強になるな!なんて思うくらい,手続きについてもきちんと再現されているのです。そこらへんの正確性がかえって理解し辛くしていることはないか?という点が少し不安になりました。

もう一つは,主人公が過酷な現状(長引く勾留,全くといっていいほど自分の言い分を聞いてくれない警察・検察による取調べ・・・)に耐えてまで,否認を貫いた理由がイマイチ伝わってこなかったような気がするのです。
当番弁護士が,勾留が長引くこと・刑事裁判での無罪判決の出る確率を説明して,早く示談するように,と諭したのに対して,「だって,ちかんなんてしてないんだ!」と,叫ぶのです。
それが,もっともな理由だとは思いつつ,それだけで否認を貫き通すのは難しいのでは?と思うのです。
主人公が頑張ったのはどうしてか?もっと突っ込んで描かれていると良かったのかな~と思います。

なにはともあれ,今年公開の映画ではかなり優れた映画であることに間違いはないと思います。
テーマが難しいだけに,興行的に大ヒットとはならないかもしれませんが,ぜひたくさんの方に見て頂きたい作品です。

この記事へのコメント

kaz
2007年01月28日 23:31
本当に素晴らしい映画でしたね。
見終わった後あんなに複雑な気分になれる映画は他に無いと思います。
訴訟手続の解説がほとんどないのは、あえてそうしているそうですよ。知識の無い被告人を置き去りにして手続がどんどん進行していく、そういう日本の裁判のいびつさを観客にも共感してもらうためだそうです。
さとさと
2007年01月29日 09:36
私は法律に関しては全くの素人ですが、そういう人が映画というエンターティメントを通して、裁判というものがどういうものか垣間見られるだけでも大きな収穫ではないかと思います。先日、周防監督の映画にかける思いもTVで観ましたし、かえでさんの専門家からの視点も読ませていただいて、ぜひ観にいこうという気持ちになりました^^
かえで
2007年01月29日 23:13
>kazさん
やはりそういった意図がきちんとあって制作されていたのですね。
実際の刑事裁判では事前に弁護人から被告人に対する説明があったとしても,公判廷での手続きを予想して逐一事前説明することは不可能でしょうね。事後に説明するとしても,被告人自身による手続保障は不十分と言わざるを得ないでしょうし・・・。
かえで
2007年01月29日 23:18
>さとさとさん
「専門家」と言って頂くには,まだまだ勉強不足なんですよ(^_^;)。日々努力中ってところです~。
裁判員制度導入を見据えて,いろんな方に日本の刑事裁判について考えて頂く必要があると思います。考えて頂く前提として,刑事裁判の現状を知ってもらう必要がある。「それでもボクはやってない」は,その知ってもらう端緒になると思います。ぜひ見てくださいね!そして,映画の感想も教えて頂きたいな~と思っています。

この記事へのトラックバック